新着情報 新着情報

新着情報

病院からのお知らせ

臨床研究に関する情報公開について

泉佐野優人会病院を受診された皆様へ

診療や検査によって得られた皆様の診療情報等を、倫理委員会の承認を得たうえで、臨床研究へ利用させていただくことや全国規模で行われている診療データベースへ登録することがありますのでご説明いたします。

 

診療情報等とは

診断及び治療を通じて得られた傷病名、処置や投薬内容、検査又は測定の結果等です。また、看護記録等、診療に関連した他の職種の記録も含まれます。

臨床研究とは

人(試料・情報を含む。)を対象として、傷病の成因(健康に関する様々な事象の頻度及び分布並びにそれらに影響を与える要因を含む。)や病態の理解、傷病の予防方法、診断及び治療方法の改善あるいは有効性等を検証することで、健康の保持増進や傷病からの回復、生活の質の向上に資する知識を得ることを目的としています。

診療データベースとは

特定の条件に当てはまる診療情報を全国で体系的に把握するための情報のかたまりのことで、診療の質の向上に資する分析により、最善の医療を提供し、適正な医療水準を維持することが可能になります。

オプトアウトとは

オプトアウトとは、お一人ずつ文書で説明を行って同意を得る代わりに、情報(研究の概要)を通知又は公開し、研究が実施又は継続されることについて患者さんが拒否できる機会を保障する方法のことを言います。

 

ご希望があれば、他の研究対象者の個人情報及び知的財産の保護に支障がない範囲で、研究計画書及び関連資料を閲覧することができますのでお申し出下さい。
診療情報が当該研究に用いられることについて、患者さんもしくは患者さんの代理人の方にご了承いただけない場合には、研究対象としませんのでお申し出ください。その場合でも患者さんに不利益が生じることはありません。
研究に関するご質問やお申し出があれば、各研究の代表者がお応えいたします。
受付までお申し出ください。

 

現在、倫理委員会で承認され情報を公開している研究はこちらです。

2022年度

  • 回復期リハビリテーション病棟における脳卒中後の歩行自立度へのPhase angleの影響 辻中 椋(理学療法士)
  • 認知症高齢者に対する意味のある作業を用いた作業療法実践の経過報告-テキスト分析を用いて 島崎 愛純(作業療法士)
  • 睡眠の質とバランス能力との関連 鈴木 光(理学療法士)
  • 遠隔リハビリテーションを用いた姿勢制御アプローチとその効果 辻中 椋(理学療法士)
  • Phase Angleを用いた筋質評価による糖尿病患者への運動療法の安全性と有効性 田中 領(理学療法士)
  • 延髄外側症候群によるlateropulsionを呈した症例における立位時の脊柱起立筋の筋活動の調査 川本 英資(理学療法士)
  • 筋電図を用いたBWSTTの免荷量の変化による痙縮への影響 小林 快人(理学療法士)
  • 腰部硬膜外腫瘍摘出術後のリハビリテーションの経験-共存疾患および既往症のため介入に難渋した一症例 近藤 慎之介(理学療法士)
  • 人工呼吸器装着中でADLが自立している患者への閉鎖式吸引チューブの安全・安楽な固定方法の確立 森本 陽代(看護師)

 

2023年度

  • 病院内で発生した転倒における他職種間の着眼点の違い 辻中 椋(理学療法士)
  • 回復期リハビリテーション病棟におけるCOVID19集団感染の影響の検討 糸川 竜平(理学療法士)
  • 回復期リハビリテーション病棟における入院時のGNRIが認知機能に及ぼす影響 吉谷 貴大(作業療法士)
  • 回復期リハビリテーション病棟におけるGNRIとFMA改善率との関連 吉谷 貴大(作業療法士)
一覧へ戻る
back 一覧に戻るのアイコン

ご不明点がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

072-462-2851
ページトップ ページトップのアイコン

トップへ戻る